うつ病に効果的な「うつストップ」とは

うつ病に効果があると科学的に証明されている認知行動療法を自宅のパソコンやスマートフォンで受けられるシステムです。

ユーザの86%以上がうつ状態を改善

うつストップで受ける認知行動療法って?

うつ病の原因となる歪んだ考え方のクセを治す治療法です。

認知行動療法の仕組み | 歪んだ考え方を正常な考え方に治す

うつ病の人には悪い考え方のパターンがあり、認知行動療法ではこの考え方のクセを治すことがうつ病に効果的であると近年の研究で明らかになってきました。

認知療法または認知行動療法に関する研究論文数の推移

パソコンやスマートフォンで受けられます

うつ病の人にとって病院に通うことは体力的にも心理的にも、とても高いハードルがあります。

うつストップなら自宅にいながらパソコンやスマートフォンを使って認知行動療法を受けられます。

うつストップの対象者

すでに病院に通っているが効果がない方

心療内科に通って薬を飲んでもうつ状態が改善されない

うつ状態をできるだけお金をかけずになんとかしたい

軽い症状の方

病院にいくのは気が引けるので気軽にできる方法を試したい

病気ではないと思うが憂うつな気分をなくしたい

重い症状の方

いますぐにでも死にたいという気持ちが強い

不安な気持ちやストレスが尋常ではなくつらい

効果実績の一例

すべてのプログラムを消化したユーザーの多くが精神状態を表すBDIスコアを大幅に改善させています。

35歳男性 Y,Sさん

35歳男性 Y,Sさん

35歳男性 Y,SさんのうつストップのBDIスコア

2ヶ月でBDIスコア69%改善

約2週間で精神状態を表すBDIスコアが56%改善。約2ヶ月で69%改善。BDI結果で重いうつ病と判定されていたが、約1ヶ月で自殺願望もなくなり正常範囲内にまで回復。

この男性は職場の同僚に激しい怒りと嫌悪感を感じており、同時に自分に対する自信の欠如と罪の意識に悩まされていたとのことです。うつストップに取り組み、ご自身の思考の癖を知り、それを修正する作業を繰り返し、日々の辛い苦しみから開放されることに成功しました。

27歳女性 O,Aさん

27歳女性 O,Aさん

27歳女性 O,AさんのうつストップのBDIスコア

ゆっくりと取り組み、うつ病を克服

BDI結果で中程度のうつ病と判定されていたが、約2週間でBDIスコアが48%改善し、軽いうつ状態にまで回復。約2ヶ月で日々の暮らしに希望と喜びを持てるレベルにまでに回復。

うつストップを毎日欠かさず実践したというわけではなく、1回30分、週に2回程度のゆっくりとしたペースで学習を進められていました。コラム法で20以上の自分の思考の癖を記録し、その数に比例して、BDIスコアも改善していきました。

お申し込みからご利用までの流れ

お申し込み、決済後に
専用アカウントをメールでお送りします。

ログイン画面
矢印

歪んだ解釈のパターンについて学習

抑うつ感や不安感、怒りや悲しさなど負の感情が強い人は、現実に起こる出来事の解釈に特徴があります。

負の感情が強い人の解釈の特徴には以下のようなものがあります。

全か無か思考のイラスト

全か無か思考

物事を白か黒かのどちらかで考える思考です。
事実はそれらの中心にあるのですが白か黒かのどちらかで考えてしまいます。

たとえば
就職試験に失敗したときに「私は完全な失敗者だ。」などと考えたり、逆に成功したときには「私は完璧で有能な人間だ。」などと過信して物事を極端に考える傾向です。

一般化のしすぎのイラスト

一般化のしすぎ

たった一つの良くない出来事があると「いつも決まってこうだ。」「うまくいったためしがない。」などと考えることです。

たとえば
恋人から別れを告げられた時に「私は人と付き合っても、いつも必ず飽きられてしまう。」などと考えてしまうことです。

結論の飛躍のイラスト

結論の飛躍

特に確かな根拠もないのに悲観的な結論を出してしまうことです。

たとえば
完璧な授業をした教師が居眠りをしている生徒をみて、「私の授業はつまらないと思われている。教師失格だ。」などと考えることです。
実際には、その生徒が前日に夜更かしをしていただけなのに、悲観的な結論を作り上げてしまいます。

すべき思考のイラスト

すべき思考

何かやろうとするときに、「~すべき」「~すべきでない」と考えることです。

すべき思考が多いと世の中の人の行動は大抵この基準に合いませんから、人の行動に怒ったり、がっかりさせられることが多くなります。すべき思考が自分に向くと、必要以上に罪悪感やプレッシャーを感じます。

上記の他にも解釈の誤りには全部で10通りのパターンが発見されています。

矢印

コラム法で日々の記録をつける

コラム法の画面

プログラムを消化して認知行動療法の考え方が身に付いてきたら、コラム法で自分の解釈の歪みを発見していきます。そして、それらの考えを合理的な解釈へ変えていきます。


コラム法で記録したあなたの思考の癖は、データとして記録され、いつでも確認することができます。自分の思考の癖を知り、それをどのように考え直すといいかを記録することであなたの日々の気分は改善されていきます。

矢印

長年自分を苦しめてきた
思い込みを特定・修正

中核的信念の画面

コラム法で自分の歪んだ解釈を特定・修正することができたら、次はあなたを苦しめている歪んだ価値観を発見して、修正していきます。


負の感情が強い人には、人生を必要以上に生きづらいものにしてしまっている思い込み、価値観があります。その思い込み、価値観を特定して修正していきます。

矢印

はやくて一週間、おそくとも
三週間ほどで効果が現れてきます。

うつストップでは、うつ症状の尺度を測るBDIテストを定期的に受けられる仕組みになっています。このBDIスコアを活用すればうつ症状の改善状況を客観的に知ることができます。

改善したイラスト

認知行動療法でうつ病を改善して
人間関係も仕事も楽しみながら生きていきましょう!

製品価格

3ヶ月の価格比較

一般的な民間のカウンセリングに3ヶ月通った場合、約120,000円の費用がかかります。

3ヶ月の価格比較

自宅でできる!認知行動療法によるうつ病改善
うつストップ

13,800円(税込)

※一度ご購入いただければ永年使用可能です。

■動作環境
PC タブレット スマートフォンすべてのデバイスに対応。Windows/MacどちらのOSでもネット環境があれば利用可能。


■お支払い方法
・銀行振込・郵便振替

うつストップ

ご購入フォーム

氏名必須 

氏名カナ必須 

メールアドレス必須

生年月日必須

性別必須

お支払い方法必須